仮性包茎とは/仮性包茎の定義と最適な治し方の全情報

仮性包茎とは/仮性包茎の定義と最適な治し方の全情報

日本人男性の多くが該当するといわれる仮性包茎、しかし日常生活で、包茎の状態について赤裸々に話し合えることは稀です。

自分は包茎ではないか・仮性包茎ではないかと疑問をもっているものの、確信がなく「仮性包茎とはどんな状態なのか?」と思ってはいませんか。

また、自分が仮性包茎であった場合、治療を受けるべきなのか、デメリットはあるのかを知りたい方も多いと思います。

今回の記事では、仮性包茎の定義をどこよりもわかりやすくご紹介するとともに、仮性包茎を治療したい方に最適の方法をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

仮性包茎の定義と見分け方

包茎の中で、日本男性にもっとも多いといわれているのが仮性包茎です。

通常時には亀頭が包皮で覆われていても、手で包皮を引っ張るか勃起するなどした場合に、亀頭を完全に露出させることができるのが特徴です。

通常時・勃起時ともに、手で包皮を引っ張って問題なく亀頭が露出すれば仮性包茎といえます。

補足:仮性包茎は病気ではない/日本男性の8割は包茎

前もってお話ししておきますが、仮性包茎はまったくもって普通のペニスです。日本人男性の7割近くは仮性包茎と言われています。

世の中では、7割は言い過ぎであるとか、根拠はないという意見もあります。

確かに、この7割は統計をとった数値ではないため、確実なデータではありません。
しかし、筆者が泌尿器科医に確認した結果、包茎の程度にもよりますが、日本男性の8割以上は包茎との見解を得ています。

日本人は割礼の習慣がないことも、ほぼ包茎という状態につながっています。また、成人で真性包茎なのは数%程度で、その多くは仮性包茎です。

まとめると、

  • 仮性包茎は病気ではなく、それ自体は決して恥じることではない
  • 泌尿器科医の見解から、日本男性の8割は包茎・さらにそのほとんどが仮性包茎

といえますので、まずは安心してください。

しかし、仮性包茎は不衛生にすることで感染症の可能性があること・またコンプレックスの原因となったり性生活に支障をきたす可能性があるのも事実です。この記事では、

  • 仮性包茎のデメリットやリスク
  • 仮性包茎を治療することによるメリット
についても詳しくお伝えします。あなたが仮性包茎を治療するべきかの判断がしっかりつくようにお話しします。

仮性包茎は、その状態から、さらに軽度の仮性包茎・重度の仮性包茎に分けられます。

軽度の仮性包茎とは

軽度の仮性包茎は、

  • 通常時でも最低半分ほど亀頭が露出している状態
  • 勃起時には亀頭の大半が露出し、手で少し引っ張ると完全に亀頭が露出する
といった状態を指します。

軽度の仮性包茎の症状

しかし、軽度な仮性包茎だからといって何も対策をしなくていいわけではありません。

重度の仮性包茎でも詳しくお話ししますが、毎日入浴時に洗って清潔にする必要があります。これを怠ってしまうと、感染症などのリスクも高まってきます。

重度の仮性包茎とは

重度の仮性包茎の状態としては、

  • 包皮が通常は亀頭の大部分を覆っている
  • 勃起したりすることで亀頭の一部を露出させることができる
といったことが特徴です。

重度の仮性包茎の症状

重度の仮性包茎の場合、包皮を引っ張って亀頭を露出させても、少し放っておくと包皮が元に戻り、亀頭が覆われてしまいます。

しかし、分類上は重度と表現したものの、仮性包茎自体は問題のない正常なペニスです。

ただ、包茎の患者では若い方でも恥垢がびっしりとついている方がいます。改めて入浴の際にはかならずむいてきちんと洗うことを徹底してください。不衛生な状態で放置すると、感染症や陰茎ガンになってしまうリスクが上昇すると考えられます。

万が一陰茎ガンになった場合、専門的対応として陰茎部分切除・陰茎全摘・鼠径リンパ節郭清術などを受けることになります。

ガンが進行すると化学療法(抗がん剤治療)を行いますが、死亡してしまうことも少なくありません。大げさでなく、ペニスを清潔な状態に保つことはとても重要です。

これらの仮性包茎の状態に当てはまらなかった方は、真性包茎かカントン包茎の可能性があります。

「包茎の種類を知る/5種類の包茎と最適な治療のためのポイントを解説」で詳しくお話ししていますので、そちらも参考にしてください。

仮性包茎のデメリットとリスク

原則として、仮性包茎自体は問題がないペニスであることは先ほどお伝えしました。ここでは上記で挙げた以外にも、仮性包茎によるデメリットやリスクをまとめてみます。

これらのデメリットを受け入れられるかどうかを、仮性包茎を治療するかどうかの参考にしてください。

  • 入浴時に洗わなければ、恥垢がたまりやすい
  • 恥垢がついた不衛生な状態で放置すると、感染症や陰茎ガンになるリスクがある
  • 普段包皮に覆われることで亀頭が刺激に弱くなり、早漏の原因となる可能性がある
  • 包茎が気になって、女性や性行為に対して消極的になる可能性がある

仮性包茎の治療をすることで得られるメリット

それに対して、仮性包茎を治療することで得られるメリットを客観的にまとめてみました。

具体的には、上記のデメリットを解消できることといえるでしょう。

  • 恥垢がつきにくくなり、ペニスを衛生的な状態で維持しやすい
  • 亀頭が露出した状態になることで、早漏の改善が見込める
  • 審美的・見映えの点から、自信が持てるようになる
  • 女性や性行為に対して積極的になれる

といったことが挙げられます。仮性包茎は必ず治療しなければならないものではありませんが、包茎に対してコンプレックスを強く持っている方は、治療を受ける価値はあります。

仮性包茎に最適な治療方法を徹底解説

ここまで、仮性包茎の定義やデメリットについて解説してきました。仮性包茎であってもどうしてもコンプレックスに感じ、なんとか治療したい、という方も少なくないでしょう。

安くはない費用を出してクリニックなどで治療を受けるなら、確実に治したいというのが本音だと思います。ここでは、筆者の見解から、仮性包茎に最適なおすすめの治療方法を解説します。

仮性包茎の治療にもっともおすすめなのは環状切除術

筆者の見解からいえば、仮性包茎に対してもっとも適している治療は「環状切除術」だと考えています。

環状切除術をおすすめする理由

この手術をおすすめする理由は以下の3つです。

  • 病態生理に即した治療であり、標準的な術式である
  • 確実性が高い
  • 切除する量が調整できる(切らない方法では、多少皮がかぶりにくくなる程度です)
特に後者の2つは、気休めではなく、確実に治したいという方にはおすすめできるポイントです。

他には「背面切開法」という治療もありますが。上述のカントン包茎が腫れを起こした時のように緊急時をのぞいて単独で行うことは現状ありません。

「切らない包茎手術」では再発の可能性がある

「包茎にみえないようにしたいが、切る手術を行うのは気がひける」という方には「切らない包茎手術」も選択肢としてあります。

しかし、軽度の仮性包茎の方に適応が限られる、そして時とともに再度包茎に戻ってしまうことがあるため、筆者としてはあまりおすすめしません。

見映えを特に気にする方には、環状切除術のオプションとして、切開を根元付近にもってくることで、

  • 傷を目立たなくすることができる
  • 「縫合部の色の違いが気になる」といったことを防ぐ

ことも可能です。

環状切除術の流れをわかりやすく解説

では、環状切除術とはどんな治療なのか、図とともに解説します。まず以下の図をご覧ください。

環状切除術の図解その1
手術にあたって、亀頭が完全に露出しない方は、包皮の背面側を切除し、亀頭が露出するようにしますが、仮性包茎の場合はこの手順は省略できます。
環状切除術の図解その2
完全に亀頭が露出した状態で、亀頭最下部から1cm下をマーキング・また包皮が亀頭を覆った状態に戻し、その上から同じく亀頭最下部から1cm下をマーキングします。
それぞれのマーキングにそって、包皮を切開します。
環状切除術の図解その3
その後、包皮を縦に切開し、ぐるっと包皮を切除します。そして残った包皮の上部・下部を縫い合わせて完成です。

環状切除術の4つのリスクと注意点

環状切除術にも、いくつか注意するべきリスクがあります。あらかじめリスクを知っておくことで、診察の際にもそういったリスクへの対応をしっかり行ってくれる医院かどうかを判断できます。

(1)出血のリスク

手術である以上、出血のリスクがあります。メスを入れる以上軽い出血は防ぎようもありませんが、それ自体はあまり問題ではありません。ただ、もしあやまって海綿体とよばれる組織に切り込んでしまうと、大出血を起こすことがあります。

勃起という機能は、海綿体に血流が流れ込み、かつ出口が閉じられることで起こります。海綿体はそれだけ血流が豊富な組織ですので、十分注意して手術を行うことが必要です。その他、陰茎の背側に血管が走っているのでそこを傷つけてしまった場合も出血します。

(2)感染症のリスク

2つめのリスクは感染症です。手術の際は短期的に抗生物質を併用することがありますが、それでも人によっては感染症を起こしてしまうことがあります。感染症が起きてしまった場合は、状態に応じて洗浄を行ったり、抗生物質を追加で使用することで対処します。

(3)切りすぎてしまい、勃起した際に皮が足りなくなるリスク

包皮を切除する際、切りすぎてしまって勃起した時に皮が足りなくなるリスクがあります。常に完全にむけた状態を保つためにと思ってぎりぎりまで切ってしまうと、皮が足りなくなってしまう可能性があります。

切ってしまった皮は戻りませんので、勃起するたびに痛みが走り、最悪の場合、EDになってしまうこともあります。そのため、切る手術でもぎりぎりまで切ることはおすすめしません。そういった勃起時の状態や、見映えまで言及してくれるかも良い医院の判断基準になります。

(4)麻酔による副作用のリスク

4つめは、麻酔による副作用のリスクです。麻酔は全身麻酔、下半身麻酔、ブロック麻酔などがありますが、どれも体質によってはアレルギー症状が出ます。

重篤なアレルギー症状が起きることをアナフィラキシーといいますが、場合によっては命を落とします。アレルギーが疑われるエピソードや身に覚えがある場合は、必ず医師に伝えましょう。

これらのリスクは、切る包茎手術である以上ついて回るものですが、信頼できる医院を正しく選ぶことでそのリスクは限界まで下げることができます。後述の「包茎治療で最高の医院を選ぶために押さえておきたいポイント」をぜひ参考に、あなたに合った信頼度の高い医院を見つけてください。

注意点:クリニック・医院によっては環状切除術という名称を用いない場合もある

クリニック・医院によっては「環状切除術」という名称を記載しないこともあります。ちなみに下記は上野クリニックの料金表ですが、「環状切除術」という名称が使われていることがわかります。

上野クリニックの料金表

引用:上野クリニック公式HP

手術の内容がHPの治療説明や料金表から読み取れない場合、メール・電話での問い合わせや、もし近隣ならば無料カウンセリングで確認してみるのが確実です。

環状切除術の費用相場

環状切除術の費用相場ですが、2017年現在、

  • 自費診療の包茎治療クリニックでは5~15万円程度
  • 健康保険を利用する場合で(入院日数・麻酔方法・自己負担割合などにもよりますが)2~3万円程度
が相場となっています。

包茎手術は、医学的に必要と認められた場合には保険が効きます。
たとえば、亀頭包皮炎によって包皮が癒着してしまったり、ホルモン療法によって陰茎が縮小することで包茎が悪化してしまったりすることで、排尿障害が出現した場合は健康保険を使って治療が可能となります。
審美性を求めて行う場合は、保険はききません。

包茎治療で最高の医院を選ぶために押さえておきたいポイント・注意点

仮性包茎の治療を受けるうえで、やはり病院選びは大切です。この章では、信頼できる医院・クリニックを選ぶために押さえておきたいポイントをお話しします。

泌尿器科と美容外科医ではどちらが信頼できる?美容外科医をおすすめする理由

包茎治療は、泌尿器科と包茎治療専門の美容外科医のどちらでも行うことができますが、筆者としては美容外科医の方をおすすめします。

理由は

  • 包茎手術は難易度が高くないが、執刀には数例~の指導が必要
  • 泌尿器科では包茎手術の症例が少ない
  • 専門の美容外科医の方が症例数が多く、経験が豊富
といったことが挙げられます。

包茎手術は、手術の中では比較的短時間で済みますし、死亡するリスクはあまりない安全な手術です。

ただ、たとえば医師になりたての1~2年目の医師がいきなり執刀できるかというとそうではありません。数例は指導してもらって、初めてできるようになります。

泌尿器科医と、包茎治療を主にやっている美容外科医であれば、経験症例数の多い美容外科医の方が上手だと考えています。また、自由診療の場においては、手術の満足度が低いことは死活問題になるからです。

注意点としては、美容外科医はきちんと系統だったトレーニングを積んでない人もいるため、その点は下記を参考に医師の経歴や経験を確認してみるのがよいでしょう。

注意点:学会・協会に属しているかはあまり重要ではない

意外に誤解されやすいのが「学会・協会に属していれば安心とは限らない」という点です。医院・クリニックによっては、HPに医師の経歴を載せています。

  • ○○学会(協会)所属
  • ○○に関する研究で博士号取得

といった、経歴が書いてあることが多いのですが、医師の視点でみると、これらはあまり重要なことではありません。

理由は

  • 学会は医師であればお金を払えば誰でも入れることが多い
  • 博士号も審査の厳しくない雑誌に投稿して取得する場合がある

といったことがあるからです。

医師の信頼性を正しく判断するには、次の章でお話しする「以前の勤務先と専門医の資格有無」が重要です。

形成外科の専門医または泌尿器科の専門医を取得しているか

自由診療の場においては競争がはげしく、クリニックによっては自分の優位性を守るため、表面的な指導をしても、もっとも重要なコツは他人には教えないといったことが起こりえます。

それに対して、病院での勤務医の場合は、年功序列で待遇がよくなっていくため、後輩にはしっかり指導しようという文化があります。そうした医師の背景を考えれば、病院で数年間、保険診療を行う医師として、皮膚科や形成外科の経験を積んだかどうか、は非常に大切です。

その判断基準になるのが、以前の勤務先と専門医の有無です。

包茎手術の場合は、

  • 形成外科の専門医
  • 泌尿器科の専門医

のどちらかを取得していることが目安となるでしょう。

価格・費用は明確であるか

包茎治療を受けるうえで、価格が明確にされているかは非常に大切です。

例を挙げると、手術時に使う糸や、麻酔費用に追加代金がかかることがあります。宣伝文句に「溶ける糸を使っていますので抜糸の必要はありません」といったことを挙げているところもありますが、今の時代、包茎手術であれば溶ける糸を使って縫う方が一般的です。

ABCクリニックの料金表

引用:ABCクリニック公式HP

これはABCクリニックで価格表に記載されている注意事項ですが、特にかこった部分、

  • 麻酔代は価格に含まれているか
  • 術後の薬代は価格に含まれているか

というようなポイントをチェックしておきましょう。

症例写真はあれば仕上がりが確認できるためより安心

症例写真は無いよりはある方がよいです。症例写真があること=安心というよりはむしろ、具体的に仕上がりのイメージが見えるためです。

特に包茎手術の場合はどの程度皮を余らせるかも、イメージを共有しておくことが大切です。こうしたイメージを共有することで、環状切除術のリスクで挙げたような「あまりぎりぎりまで切ってしまって勃起した時に痛む」可能性を低くできます。

手術のデメリットだけでなく、見映えに言及してくれるか

手術のデメリットについて説明するのはある意味で当たり前といえますが、「見映えについて話してくれるか」は大切です。

たとえば、

  • 勃起したときに包皮が足らずに痛くならない切除量はどのくらいか
  • 傷はどのように見えるのか、目立たないか
  • 傷が目立たない方法を提案してくれるか

などです。

包茎治療で重視したいポイントを押さえた・おすすめ医院はこちら

最後に、上記でご紹介した「包茎治療で重視したいポイント」を押さえていると筆者が考える、おすすめクリニック・医院をご紹介します。ぜひ、包茎治療の受診先として検討してみてください。

横浜中央クリニック:形成外科専門医の院長が診察・治療するクリニック

横浜中央クリニックの包茎治療

形成外科の専門医を取得している院長が診察・治療を担当するため、信頼度の高いクリニックです。

また、大学病院の形成外科の勤務が長く、体系立てた技術を身につけてきていると考えます。

ちなみに院長が横浜中央クリニックの前に勤務していたのは、以下にご紹介する千葉の船橋中央クリニックです。
院長が診察・治療を行うことが約束されているため、安心して診察・相談ができるのも大きいでしょう。

千葉・船橋中央クリニック:10年以上同じ院長で診察・治療を行っている症例豊富なクリニック

千葉・船橋中央クリニックの包茎治療

千葉にある船橋中央クリニックは、平成15年に開設された、10年以上の歴史をもつクリニックです。

院長が形成外科の専門医を取得しており、このクリニックの開設前に一般病院での勤務経験も数年あります。

歴史の長さと、その中でも院長が治療をすべて担当しているため、症例経験・治療経験は膨大です。

上野クリニック:全国に拠点があるためどのエリアの方にもおすすめ

上野クリニックの包茎治療

包茎治療で、日本で最初に高い認知を得たのが上野クリニックだと思います。

上記2つのクリニックのように、拠点が1つで院長のプロフィールがわかりやすく掲載されてはいませんが、各エリアの拠点ごとの院長の経歴はしっかりしています。

たとえば、2017年現在、仙台院の治療責任者である方の経歴をみると、

平成17年 近畿大学 卒業
平成19年 岸和田徳洲会病院 勤務
平成21年 近畿大学病院 勤務
平成27年 上野クリニック 入職
平成28年 仙台上野クリニック 院長

自由診療の美容外科だけでなく、保険診療を行っている病院での経験が長いことが読み取れます。専門領域まではここからはわかりませんが、しっかりとした指導を受けて医療に携わってきた可能性が高いです。

各エリアに拠点があるため、全国各地の方が診察・治療を受けやすいのも大きいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。今回の記事では、仮性包茎の定義とデメリット、そして仮性包茎を治したいという方に向けて、最適な治療方法、正しい病院の選び方をお伝えしました。

繰り返しますが、仮性包茎は必ず治療が必要な包茎ではありません。しかし、仮性包茎をコンプレックスに思っている方にとってはとても重要な問題だと思います。

仮性包茎を改善することで、患者さんの気持ちも前向きになれるケースを多く見てきました。

治療を受けるうえでは、今回ご紹介した医院・クリニック選びのポイントを参考に、あなたにぴったりなクリニックを選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です