日本人の包茎は普通?包茎の割合についての実情を医師が徹底解説

日本人の包茎は普通?包茎の割合についての実情を医師が徹底解説

包茎に悩んでいるものの、周りには包茎かどうか聞くのもためらわれることもあると思います。

あなたは「日本人は包茎が多いのか?」「日本での包茎の割合はどれだけなのか?」と気になってはいないでしょうか。

よく言われているのが「日本人の7割は包茎」ということですが、筆者の見解を述べると、それより多く「日本人の包茎の割合は7~8割」と考えています。

また、包茎が日本では普通であることが分かっても、どうしても改善したいという方もいるでしょう。

今回の記事では、日本人の包茎の割合と、どうしても包茎を治したい方に、最適な治療法をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

日本人男性の包茎の割合は7~8割

冒頭でお話しした通り、日本人の包茎の割合は7~8割というのが泌尿器科医の筆者の見解です。

よく世間では「日本人の7割が包茎」と言われていますが、明確にこういった統計的な調査が行われたわけではありません。

医療関係者の間で、おそらくこの程度、という情報が拡散していったものです。

とはいえ、もし実際に統計的な調査が行われていたら、余程厳密に行わない限り、もっと少ない数値が出るかもしれません

匿名とはいえ「自分は包茎だ」と答えることに、消極的な方もいる可能性があるためです。

泌尿器科に勤める筆者の見解では、日本人男性の8割が包茎

病院の泌尿器科には、包茎に悩むだけでない、さまざまな男性が来院されます。

そういった患者さんを診てきた経緯からいうと「日本人男性の8割ほどが包茎」だという見解をもっています。

正確にカウントしてきたわけではありませんが、よく言われる7割よりは多いです。

そのうち大半は仮性包茎/真性・カントン包茎は数%

さらに、そのうち大半は仮性包茎です。真性包茎・カントン包茎にあたる方は数%にも満たないと思われます。

自分が仮性包茎であるという自覚がある方は、日本人では普通のペニスと思ってよいでしょう。

ちなみに仮性包茎・真性包茎・カントン包茎の区別については「包茎の種類を知る/5種類の包茎と最適な治療のためのポイントを解説」で詳しくお話ししています。

仮性包茎は普通のペニス:必要以上に恥じることはない

日本人男性の大半が該当する仮性包茎は病気ではないですし、恥ずかしがることはありません

日本では、欧米のように割礼の習慣がないため、ほとんどの方が仮性包茎含む包茎なわけです。

繰り返しますが、医学的にも仮性包茎はいたって自然の状態で、問題のないペニスということができます。

注意点:真性包茎・カントン包茎は医学的なリスクがあるため、早期の手術がおすすめ

しかし、こちらを読んでいただいている中には、真性包茎、カントン包茎に当たる方もいるかもしれません。

真性包茎・カントン包茎については、後半でもお話ししていますが、

  • 恥垢が非常に溜まりやすく、不衛生的な状態になりやすい
  • 陰茎ガン・感染症にかかる可能性がある
  • カントン包茎の場合は、一歩間違うと血流障害のリスクがある

ことから、早々に手術を受けることをおすすめします。

仮性包茎のメリット・デメリットを解説

仮性包茎であることを、少なからずコンプレックスに感じている方も多いと思われます。

ここでは筆者が考える、仮性包茎のデメリットと、治療・改善することによるメリットをまとめてみました。

仮性包茎のデメリットを受け入れがたい、改善することによるメリットを強く望む場合は、仮性包茎の治療を検討すると良いでしょう。

仮性包茎のデメリット

  • 入浴時に洗わなければ、恥垢がたまりやすい
  • 恥垢がついた不衛生な状態で放置すると、感染症や陰茎ガンになるリスクがある
  • 普段包皮に覆われることで亀頭が刺激に弱くなり、早漏の原因となる可能性がある
  • 包茎が気になって、女性や性行為に対して消極的になる可能性がある

仮性包茎を改善することで得られるメリット

それに対して、仮性包茎を治療することで得られるメリットを客観的にまとめてみました。

具体的には、上記のデメリットを解消できることといえるでしょう。

  • 恥垢がつきにくくなり、ペニスを衛生的な状態で維持しやすい
  • 亀頭が露出した状態になることで、早漏の改善が見込める
  • 審美的・見映えの点から、自信が持てるようになる
  • 女性や性行為に対して積極的になれる

仮性包茎は自力で改善できることは稀・確実に治すなら手術を受けるのがおすすめ

仮性包茎は、自然で問題のないペニスであると上記でお伝えしましたが、無理に手術を受けることは筆者としてもおすすめしません。

しかし、あなたが仮性包茎をどうしても改善したい場合、自力での治療は最適とはいえないと思います。

ある程度効果があるとされる方法もありますが、

  • 確実な効果が期待できる方法ではない
  • 包茎を改善しようと触り続けることで、かえって感染症のリスクがある

ためです。

やはり、確実に改善するのであれば、包茎手術を受けることをおすすめします。

ちなみに切らない仮性包茎手術もあります。

  • 切開する手術はどうしても気が引ける
  • 多少包茎が改善されればいい


という方には向いていますが、年月と共に元に戻ったり、思ったほど改善が見込めないこともあります。

仮性包茎の方に最適な手術とクリニック探しの注意点については「仮性包茎の手術/あなたにとって最適な手術方法とクリニック選びの全情報」で詳しくお話ししていますので、参考にしてください。

真性包茎・カントン包茎に最適な包茎手術

上記でお話しした通り、真性包茎の方は亀頭と包皮が接着しているため、包皮と亀頭の間に細菌が入り込み、炎症を引き起こしてしまう危険性があります。

また、カントン包茎の場合は、包皮輪(包皮の内径)が狭く、亀頭を圧迫したまま戻らなくなってしまうことがあります。その場合、血流不全を引き起こしかねないため、早急な対応が必要です。

真性包茎の具体的なリスクと最適な手術

思春期で真性包茎という場合は、自然に解消されることも多いです。しかし、成人になっても真性包茎である場合、その後の性生活にも影響を及ぼします。

また入浴時などに自分で包皮をむいて清潔にすることができないため、仮性包茎と比較して病気・感染症のリスクが高まります。

最悪の場合、陰茎ガンなどにかかってしまう可能性がありますので、早急な手術が必要となります。

真性包茎の方に最適な治療法については、「真性包茎の手術/あなたにとって最適な手術方法とクリニック選びの全情報」で詳しくお話ししていますので、参考にしてください。

カントン包茎の具体的なリスクと最適な手術

カントン包茎の方が無理に皮をむくと亀頭が締め付けられて血流不全になってしまうことがあります。血流不全になると、短時間で腫れが起こり、ますます戻らなくなります。

放置すると最悪の場合、陰茎切断を余儀なくされるため、カントン包茎に該当する方も、真性包茎と同様、早期の手術をおすすめします。

カントン包茎の方に最適な治療法については「カントン包茎の手術/もっともおすすめの手術方法とクリニック選びの全情報」で詳しくご説明しています。

まとめ

いかがでしたか。今回の記事では、日本人の包茎の割合と、どうしても包茎を改善したい場合の必要知識をお伝えしました。

もう一度お伝えしますが、日本人の大半は包茎(仮性包茎)です。それ自体は決して恥ずかしいことではありません。

しかし、仮性包茎を改善することで、コンプレックスが消え、自信が持てるケースも多く見てきました。

自分以外の多くが仮性包茎であると知っても、コンプレックスが消えそうにない場合、手術を受けて改善することも有りです。

一方、真性包茎・カントン包茎にあたる方は、衛生的・医学的なリスクがあるため、早期に手術を受けることを勧めます。

信頼できるおすすめクリニックを厳選!

「包茎を安心・安全に治したい」という方に、HOMME LIFEが選んだ信頼できるクリニックをご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です