知ってた?!包茎は自力で直すことができる

日本人の男性は包茎で悩んでいる方が多いと言われており、その中には自力で直そうと努力している方もいるのではないでしょうか。今回は、具体的に包茎を直すための方法について紹介するので、悩んでいる方は参考にしてください。

日本の男性は包茎で悩む人が多い?

世の中には自分自身の身体のことでコンプレックスを抱えている方がたくさんいます。特に女性はコンプレックスを抱えている方が多いと言われていますが、男性も打ち明けないだけで様々なコンプレックスを抱えています。その中でも多くの男性が悩んでいるのが包茎です。包茎の割合というのは非常に多く、日本人男性の約7割は悩んでいると言われています。特に大人になってから悩む人たちは多く、最近では手術をして直す方もたくさんいます。

包茎を直したいならまずは種類を知ることが一番!

包茎と一言で言っても様々な種類があることをご存知でしょうか。包茎を直したい人は、まず種類について知ることが大切です。包茎は大きく分けると5つの種類があります。

仮性包茎

日本人の中には包茎ではないと安心している方もいますが、実はその多くが仮性包茎だということをご存知でしょうか。そもそも仮性包茎とは、陰茎の包皮が長く、亀頭が覆われている包茎のことを言います。また、仮性包茎は、勃起すると露出できるタイプの経度な包茎から、全く露出しない重度の包茎まで存在しています。人それぞれ状態は異なりますが、多くの日本人男性の包茎はこのタイプです。

真性包茎

真性包茎とは、簡単に説明すると剥くことができない包茎のことを言います。亀頭が皮に覆われたままの状態なので、見栄えが悪いことで有名です。自分で確認して亀頭が全く見えないという方は、もしかしたら真性包茎の疑いがあるかもしれません。真性包茎は、皮に覆われた状態となっているので、性病のリスクが高くなることをご存知でしょうか?理由は蒸れやすくなるからです。蒸れることで雑菌が繁殖しやすく、性病のリスクを高めます。また、自分自身だけではなく、パートナーにも性病を移してしまうリスクもあるため、放置するのはあまり良くありません。
また、真性包茎は、ペニスが成長しないデメリットがあることをご存知でしょうか?真性包茎は皮に包まれているため、亀頭の成長を妨げます。ペニスが小さいと女性を喜ばせることができず、将来的に悩む要因にもなるので、真性包茎という方は早めに対処した方がいいでしょう。

カントン包茎

カントン包茎とは、普段は皮をかぶっている状態で、頑張れば剥くことができる状態を言います。カントン包茎は剥くことはできますが、包皮口の出口部分が狭いので、皮を剥くたびに痛みを感じるのが特徴的です。カントン包茎の人は、基本的に不快感と戦うこととなります。中には簡単に剥けるようになりたいと強く剥く人もいますが、強引に行うと炎症に繋がる可能性もあります。ペニスが炎症すると大きく腫れ上がり、余計に痛い思いをすることとなり危険です。カントン包茎という自覚症状がある人は、早めに対処するようにしましょう。

老人性包茎

老人性包茎は、中高年になると発症しやすくなる包茎と言われており、日本では60歳を超えると5人に1人の割合で老人性包茎になっています。実際に高齢者の中で老人性包茎に悩んでいる人は多く、デメリットは万が一介護を受けるようになった場合、男性用の尿瓶で用を足すことができなくなることです。高齢者になると思うように動くことができなくなりますが、特に苦労するのが用を足す時です。動くことができないので尿瓶を使用することになりますが老人性包茎になると尿瓶に入らないなどのトラブルが発生します。この場合、女性用の尿瓶を使用したり、オムツを使用したりすることとなります。こういったことが精神的負担になる高齢者が多いので、60歳を超えたら一度チェックしておいた方がいいでしょう。

埋没包茎

埋没包茎は、やせ型の人には少なく、肥満の方には多い包茎のタイプです。簡単に説明するとペニス本体が下腹部に潜り込んでしまう状態のことを言いますが、特に皮下脂肪が多い方に出やすい包茎です。
埋没包茎のデメリットとしては、性行為を楽しめないことです。理由はピストン運動をすることが難しくなるからです。体位などが限られてしまうため、自分自身も楽しむことができませんし、女性も満足させることができません。特に肥満の方は埋没包茎になる可能性が高くなるので、適度な運動をすることが大切です。

包茎は直すことができる!

包茎は多くの日本人男性が悩んでいる症状ですが、実はそれほど直すのが難しい症状ではなく、ある方法を利用すれば直すことができます。ここでは具体的にどんな方法で直すことができるのかについてご紹介します。

包茎手術

包茎を直す一番手っ取り早い方法としては、包茎手術があげられます。包茎手術がおすすめと言われている理由はいくつかありますが、まず魅力的なのが、確実性が高いということです。専門医による手術となり、基本的に技術力の高い医師にお願いをすれば失敗をすることはほとんどありません。自分自身で直すために努力や苦労をする必要もないため、一番手っ取り早い方法を使いたいなら包茎手術をおすすめします。
また、包茎手術は見栄えが良くなるというメリットもあります。特に美容外科クリニックで治療を行えば、デザインにも対応してくれるため、理想としていたペニスに仕上げることができます。綺麗な形を目指している方にもおすすめです。
包茎手術は、悪臭がなくなるというメリットもあります。日本人に多い仮性包茎や真性包茎は、皮が覆いかぶさっているので、見栄えが悪い他に悪臭がしやすくなるというデメリットがあります。理由は通気性が悪いからとなっていますが、手術をすれば通気性が良くなるので、悪臭などもなくすことができます。
このように、あらゆるメリットが存在しているため、悩んでいる人には包茎手術が勧められています

包茎矯正器具を使用する

包茎を自力で直す方法としては、矯正器具を使用するといいと言われています。しかし、ある程度成長した後に矯正をしても意味ないと言われているので、若い時に使用しなければいけません。使い方は、リング矯正器具をペニスの根本に寄せて亀頭溝にセットするという方法です。そうすることで成長期であれば亀頭の成長を妨げることはありませんし、皮を寄せていることによっていつまでもかぶったままの状態になることはありません。
しかし、矯正器具には、いくつかデメリットもあります。例えば矯正器具によってペニスが傷つく恐れがあったり、毎日洗浄したりするなど管理が大変なのもデメリットとしてあげられます。その他にもサイズが変わるたびに買い替えをする必要があるため、ある程度の費用が必要になるというデメリットも存在しています。いくつかでメリットがあるので、なるべく経済的に余裕がある方は、手っ取り早く済む包茎手術を選んだ方がいいでしょう。

自力は確実な方法ではない!余裕があるなら手術を検討しよう!

自力で包茎を直す方法としてあげられるのが、ペニスを大きくするという方法です。例えば近年では様々な方法があり、サプリメントを飲んだり、エクササイズやマッサージをしたりして大きくする方法などもあります。どちらも人気の方法となっていますが、確実な方法ではありません。成功をする人の方が少ないと言われているので、試してみる程度なら自身で挑戦してもいいですが、時間がかかるのであまりおすすめはしません。

包茎手術が一番な理由とは

包茎というのは、簡単に言うとペニスの亀頭部分をあまったりだぶついたりした皮が邪魔していることが原因で起こっているため、余計な皮を除去すればいい話です。手術では、切ることもできますし、縫うことも可能です。1日で包茎を直すことができるメリットがあるので、すぐに改善したい人は包茎手術をおすすめします。

まとめ

今回は包茎で悩んでいる方のために包茎の種類や直す方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。包茎には様々な種類や直す方法もいくつかあることが分かりました。性行為を楽しんだり、女性を喜ばせたいと思っていたり、コンプレックスを解消したいと思っていたりする方は、できる限り早めに対処した方がいいでしょう。最近では包茎手術の技術も高くなっており、傷跡が目立たない手術もあります。自力で直してみたけどなかなか改善しなかったという方は、できる限り手術をおすすめします。手術も色々な種類があるので、興味がある方は一度クリニックを訪れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です