包茎手術に痛みはある?手術中・手術後の痛みの有無と対処法を徹底解説

包茎手術に痛みはある?手術中・手術後の痛みの有無と対処法を徹底解説

包茎手術を受ける準備が整い、これからいよいよクリニックを探す・手術を受けるという方が直面するのが、「包茎手術は痛みがあるのか?」という不安ではないでしょうか。

包茎を改善したい!という想いはあるものの、手術の痛みは未知数でしょうから、不安になるのも無理はありません。

また、手術後に痛みが激しく、どうにかしたい!という方もいると思います。

今回の記事では、泌尿器科医の視点から、

  • 包茎手術の手術中・手術後の痛みの度合いと経過
  • 手術後に痛みがある場合の対処法

を徹底解説します。ぜひ参考にしてください。

包茎手術には少なからず痛みがあるのは事実

結論からいいますと、包茎手術には痛みがあるのは事実です。しかし、我慢できないほどの痛みがあるケースは少ないというのが筆者の見解です。

痛みといっても

  • 手術中の痛み
  • 手術後の痛み

に分かれますので、それぞれ分けてご説明します。

手術中の痛みはあるか:事例から解説

まず泌尿器科医の見解を述べると、痛みを感じるかは術中の麻酔方法によりますが、きちんと麻酔が効けば痛みを感じることはありません

ただし、局所麻酔であればさわられているような感覚は残っていますので、そのような違和感はあります。

また、「麻酔をかけるための注射が痛い」といった声も外科手術の場合は時々聞かれます。

実際に包茎手術を受けた口コミから調査してみましょう。

注意点:信頼できる口コミばかりではない:口コミの出所を確認

包茎手術にはさまざまな情報が飛び交っていますので、信頼に値しない口コミも多くあります。

自作自演・意図的に特定のクリニックへ誘導しようとする口コミがこれにあたります。

筆者の考えでは、以下の条件に当てはまる口コミは信用すべきではないと考えています。

  • 非常に肯定的または否定的だが具体的な理由・根拠がない
  • 口コミ投稿者が包茎手術を受けたことが確認できない
  • 情報の出所があいまい

手術を受けました、と謳えば、誰でも口コミは世の中に発信できてしまいます。それだけに、正しい情報を選ぶことが重要です。

今回、口コミは「美容医療の口コミ広場」を参考にしていますが、ここは実際にこのサイト経由で治療・手術の申し込みをしたユーザーの口コミを見ることができます。

その点で信頼できる口コミといえるでしょう。

手術中の痛みについての口コミ事例

今回は包茎手術、長径手術、亀頭増大手術を受けました。
眠る麻酔で手術をしたので痛みを感じることもなく終了しました。時間は1時間もかからず終わっていました!

引用:http://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_3017115/activity_detail/31344

アイマスクをしてあまり分からなかったけど、思ったより早く終わりました。麻酔の注射が少し痛かったです。

引用:http://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_43665/activity_detail/9982

痛みは麻酔と、術後2、3日が山場、手術の際は全く問題なく淡々と終わります。

引用:http://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_3017115/activity_detail/25188

術中の痛みは、麻酔の注射によるものという意見がみられます。逆に、麻酔が効いたあとで、痛みを感じたということはないと思われます。

最近では、麻酔の注射の痛み自体を抑えるために、塗麻酔から段階的に麻酔をかけていくプランもあります。

しかし、麻酔の追加プランは3~5万円程度の費用増となりますので、決して安い訳ではありません。

注射のチクッとする痛みをどうしても避けたい方のみ、段階麻酔導入を検討するとよいでしょう。

術後の痛みはあるか:事例から解説

こちらもまず筆者の見解をお伝えすると、術後、麻酔が切れてからはどうしてもチクチクするような痛みがあります。概ね2週間~1か月程度は多少の痛みが出ることがあるでしょう。

術後の痛みはペニスの腫れと同様、術後1週間程度までがピークです。そこから徐々に引いていきますので安心してください。

実際の口コミから分析してみましょう。

術後の痛みについての口コミ事例

術後うっ血もありやや痛みもありましたが、4日目ぐらいから痛みも取れ23日の抜糸の日まで順調に過ごすことができました。抜糸のときは少し痛かったです。
引用:http://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_43665/activity_detail/9982

手術後一週間くらいは痛みましたが、それ以降は特に気になることもなかったです。ただ腫れも出血もあるので多少安静が必要かなと思いました。
引用:http://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_3017115/activity_detail/31344

包茎手術中・手術後の痛みについてまとめ

ここまでの見解・分析をまとめると、

  • 手術中は麻酔注射の痛みがある程度で、手術の痛みはない
  • 麻酔注射の痛みを抑えるオプションもあるが、3~5万円と高額傾向
  • 術後~1週間は腫れのピークとともに痛みはある
  • 1週間を過ぎると痛みは引いていき、2週間経過の抜糸時にはほとんど痛みは引いている(抜糸自体の痛みは多少ある)

といえるでしょう。

ちなみに、術後1週間が経過し、一般的に傷が塞がってきたようにみえても内部で修復は続いています。

2~3か月程度は内部で傷が治っている途中だと考えられますので、痛みが消えても強い負荷をかけることは避けてください。

手術後に痛みがある場合の対処法

今まさに手術後で、痛みが気になっているという方もいるかもしれません。

基本的には、手術後に痛みが出た場合は痛み止めを飲んで対処することになります。

市販の痛み止めであれば、ロキソニンSなどの効果が高いと思われます。

ちなみに医院処方であっても、基本的には痛み止めで様子を見ることがほとんどです。

  • ロキソニン
  • カロナール
  • ボルタレン

といった痛み止めを出されることが多いでしょう。

明らかに血腫になってしまった場合には、血腫除去術を行うこともありますが、この症状・対応はまれです。

手術後、痛みは時間とともに改善されていく

上記でお話ししたとおり、もしあなたが手術直後で痛みに悩まされている場合は、時間とともに解消されていくのがほとんどなので安心してください。

気になる方は、上記ロキソニンSなどを自分で購入するか、医院・クリニックに相談のうえ、痛み止めを処方してもらいましょう。

また包帯で締め付けすぎることで、うっ血・痛みが起こることがあります。術後2日が経過し、シャワーを浴びられるようになっていれば、包帯を少し緩めるようにしましょう。

注意点:術後1週間してから痛みが増してくる場合は医師の診察を

上でお話したとおり、術後1週間~2週間程度痛みがあるのは仕方ないことです。

ただし、術後1週間くらいしてからみるみる赤く腫れあがってきてむしろ痛みが増してくるような場合には、感染症にかかっている可能性があります。

一度、病院に問い合わせることをおすすめします。

注意点:勃起時に痛みがある場合は包皮が足りない失敗の可能性も

常に痛みがあるわけではないものの、勃起時に強い痛みがある場合、包皮の切除をしすぎて包皮が足りなくなっている可能性があります。

しかし創部が落ち着く2週間後まで、意図的に勃起をすることは傷口や縫合に負担をかけます。試してみることは絶対にやめてください。

朝勃ちなどで、不可抗力の勃起をしてしまった際、包皮が引っ張られて痛むような感覚があれば要注意です。包皮が足りずにつっぱる痛みがあるという症状は、手術の失敗を疑うべきです。

最悪の場合、痛みでEDになったり、血流障害が起こる可能性があります。詳しくは「包茎手術の失敗例とリスク/失敗を回避するための信頼できる医院の選び方」の記事を参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか。今回の記事では、包茎手術の痛みの事例と、痛みへの対処法をお伝えしました。

再度、ポイントをまとめます。

  • 手術中の痛みは麻酔注射によるものがほとんど
  • 麻酔が効いた後の痛みはほぼない
  • 手術直後~1週間はチクチクした痛みがあるが、時間とともに引いていく
  • 術後2週間後の抜糸時には痛みはほぼ引いていることが多い
  • 術後に痛みが続く場合は、ロキソニンSなどの痛み止めが有効
  • 術後1週間をすぎて腫れ・痛みが増してくる場合は感染症の可能性がある
  • 勃起時につっぱるような痛みがある場合は、包皮が足りていない失敗の可能性がある

問題なく手術が完了すれば、2週間程度で痛みはほぼ引いていくというのが筆者の見解です。

麻酔が切れた術後~1週間までは、痛みがあるのは事実です。しかし、それを乗り越えれば、あとはケアをしながら完治を待つのみです。

この状態を許容できるかどうかで、包茎手術を受けるかの参考にしていただければと思います。

あなたの不安が少しでも解消できれば幸いです。

信頼できるおすすめクリニックを厳選!

「包茎を安心・安全に治したい」という方に、HOMME LIFEが選んだ信頼できるクリニックをご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です