銭湯で気になる他人の包茎!包茎のリアルな割合と包茎治療の必須知識

銭湯で気になる他人の包茎!包茎のリアルな割合と包茎治療の必須知識

あなたは銭湯に行った際、他人が包茎であるかが気になったことはありませんか?

包茎を少なからず気にしている方にとって、性器をさらすことになる銭湯は気まずい空間かもしれません。

筆者自身が包茎に悩む方から聞く限り、銭湯では

  • 自分以外はあまり包茎を見かけないと感じる方
  • 意外に包茎の人が多いと感じる方

の両方がいるようです。

しかし詰まるところ「実際、包茎である人の割合はどれだけなのか?」という疑問に行きつくのではないでしょうか。

今回は、銭湯に行く人が気になる「包茎の人の割合」と「包茎の人が銭湯で取るべきベストな対応」をお話しします。

また、どうしても包茎を改善したいという方に、適切な治療法もご紹介します。ぜひ参考にしてください。

銭湯で他人の包茎が気になる人は多い

もしあなたが、銭湯で他人が包茎かどうかが気になるとしても、それはごく普通のことです。

筆者が包茎の相談を受ける中でも、包茎を銭湯で気にしてしまうという方は多くいました。

その要因として「自身が包茎を気にしている」ということがあると思われます。

包茎をコンプレックスに感じていない方は、周りが包茎かどうかなどはあまり気にしないためです。

では、実際に包茎の男性の割合はどれだけなのでしょうか。こちらに関して公的な統計があるわけではありませんが、筆者の見解をお伝えします。

日本人男性の7~8は包茎とされる

まず結論からお伝えすると、日本人の包茎の割合は7~8割というのが泌尿器科医の視点での見解です。

よく世間では「日本人の7割が包茎」と言われています。しかし、厳密にこういった統計的な調査が行われたわけではありません。

医療関係者の間で、おそらくこの程度だろう、という情報が拡散していったものです。

とはいえ、もし実際に統計的な調査が行われていたら、余程厳密に行わない限り、もっと少ない数値が出るかもしれません。

匿名とはいえ「自分は包茎だ」と答えることに、消極的な方もいる可能性があるからです。

泌尿器科に勤める筆者の見解では、日本人男性の8割が包茎

病院の泌尿器科には、包茎に悩むだけでないさまざまな男性が来院されます。

そういった患者さんを診てきた経緯からいうと「日本人男性の8割ほどが包茎」だという見解をもっています。

正確にカウントしてきたわけではありませんが、よく言われる7割よりは多い印象です。

その中の大半は仮性包茎/真性・カントン包茎は数%

さらに、そのうち大半は仮性包茎です。真性包茎・カントン包茎にあたる方は数%にも満たないと思われます。

自分が仮性包茎であるという自覚がある方は「日本人ではごく普通のペニス」と思って、まずは安心してください。

ちなみに仮性包茎・真性包茎・カントン包茎の区別が分からない方については「包茎の種類を知る/5種類の包茎と最適な治療のポイントを解説」の記事を参考にしてください。

仮性包茎は普通のペニス:必要以上に恥じることはない

日本人男性の大半が該当する仮性包茎は病気ではないですし、恥ずかしがることはありません

日本では、欧米のように割礼の習慣がないため、ほとんどの方が仮性包茎含む包茎なのです。

繰り返しますが、医学的にも仮性包茎はいたって自然の状態で、問題のないペニスということができます。

注意点:真性包茎・カントン包茎は医学的なリスクがあるため、早期の手術がおすすめ

ちなみにこの記事を読んでいただいている中には、真性包茎、カントン包茎に当たる方もいるかもしれません。

真性包茎・カントン包茎については、後半でもお話ししていますが、仮性包茎と異なり

  • 恥垢が非常に溜まりやすく、不衛生的な状態になりやすい
  • 陰茎ガン・感染症にかかる可能性がある
  • カントン包茎の場合は、一歩間違うと血流障害のリスクがある

ことから、早々に手術を受けることをおすすめします。

あまりに銭湯で見かける包茎が少ない場合は、自分でむいている可能性もある

包茎、特に仮性包茎は日本人に多い一般的なペニスであるとお伝えしましたが、銭湯で包茎の人をほとんど見かけないという方もいるかもしれません。

これはシンプルにふたつの理由が考えられます。

  • 包茎手術をした方含め、包茎でない人がたまたま集まっている
  • 周りの視線が気になり、一時的に包皮をむいている

ということです。意外にも包茎について見栄を張ってしまう方は多いものです。

筆者の見解では、銭湯では包茎を隠す必要はない

筆者の考えをお伝えすると、仮性包茎の方は銭湯では無理に包茎を隠す必要はないということです。

もちろん、仮性包茎の方は入浴の際、亀頭を露出させて恥垢を洗い流し、ペニスを清潔に保つことが大切です。ただし、それ以外の時は無理に包皮をむく必要はありません。

単純に性器を露出するのがいやなら、タオルを巻いてしまうとてっとり早いです。ちなみに銭湯のマナーとして、湯船の中にタオルを沈めるのは遠慮しましょう。

しかし、どうしても仮性包茎がコンプレックス・周りからの視線が気になるという場合、包茎を改善する立派な理由になります。

仮性包茎を改善することで、自分に自信が持てるようになる方も多く見てきました。

以下では

  • 仮性包茎を改善するメリット
  • 仮性包茎はじめ、包茎に最適な治療方法

をお伝えします。

ちなみに上でもお伝えしましたが、真性包茎・カントン包茎の方は、銭湯で一時的に包皮をむくという対応もできないと思いますし、早期に治療するに越したことはありません。

仮性包茎を改善するメリットを解説

仮性包茎は一般的な普通のペニスであるという前提のもと、仮性包茎を改善するメリットをお伝えします。

  • 恥垢がつきにくくなり、ペニスを衛生的な状態で維持しやすい
  • 亀頭が露出した状態になることで、早漏の改善が見込める
  • 審美的・見映えの点から、自信が持てるようになる
  • 女性や性行為に対して積極的になれる

仮性包茎は自力で改善できることは稀・確実に治すなら手術を受けるのがおすすめ

正直なところ、あなたが仮性包茎を改善したい場合、自力での治療はあまりおすすめしません

ある程度効果があるとされる方法もありますが、

  • 確実な効果が期待できる方法ではない
  • 包茎を改善しようと触り続けることで、かえって感染症のリスクがある

ためです。

やはり、確実に改善するのであれば、包茎手術を受けることをおすすめします。

ちなみに切らない仮性包茎手術もあります。

  • 切開する手術はどうしても気が引ける
  • 多少包茎が改善されればいい


という方には向いていますが、年月と共に元に戻ったり、思ったほど改善が見込めないこともあります。

仮性包茎の方に最適な手術とクリニック探しの注意点については「仮性包茎の手術/あなたにとって最適な手術方法とクリニック選びの全情報」で詳しくお話ししていますので、参考にしてください。

真性包茎・カントン包茎に最適な包茎手術

上記でお話しした通り、真性包茎の方は亀頭と包皮が接着しているため、包皮と亀頭の間に細菌が入り込み、炎症を引き起こしてしまう危険性があります。

また、カントン包茎の場合は、包皮輪(包皮の内径)が狭く、亀頭を圧迫したまま戻らなくなってしまうことがあります。その場合、血流不全を引き起こしかねないため、早急な対応が必要です。

真性包茎の具体的なリスクと最適な手術

思春期で真性包茎という場合は、自然に解消されることも多いです。しかし、成人になっても真性包茎である場合、その後の性生活にも影響を及ぼします。

また入浴時などに自分で包皮をむいて清潔にすることができないため、仮性包茎と比較して病気・感染症のリスクが高まります。

最悪の場合、陰茎ガンなどにかかってしまう可能性がありますので、早急な手術が必要となります。

真性包茎の方に最適な治療法については、「真性包茎の手術/あなたにとって最適な手術方法とクリニック選びの全情報」で詳しくお話ししていますので、参考にしてください。

カントン包茎の具体的なリスクと最適な手術

カントン包茎の方が無理に皮をむくと亀頭が締め付けられて血流不全になってしまうことがあります。血流不全になると、短時間で腫れが起こり、ますます戻らなくなります。

放置すると最悪の場合、陰茎切断を余儀なくされるため、カントン包茎に該当する方も、真性包茎と同様、早期の手術をおすすめします。

カントン包茎の方に最適な治療法については「カントン包茎の手術/もっともおすすめの手術方法とクリニック選びの全情報」で詳しくご説明しています。

まとめ

いかがでしたか。今回の記事では、

  • 銭湯で気になる方が多い包茎の割合
  • どうしても包茎を改善したい方に:包茎に最適な治療
  • をお伝えしました。

    ぜひ今回の記事を参考に、気兼ねなく銭湯に行ってはいかがでしょうか。

    そして、包茎手術を受ける場合は、上記の内容を参考にしていただき、信頼できるクリニックで正しい手術を受けることをおすすめします。

    信頼できるおすすめクリニックを厳選!

    「包茎を安心・安全に治したい」という方に、HOMME LIFEが選んだ信頼できるクリニックをご紹介します。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です